Information

– 商 品 –
真空式温水ヒーター

– 説 明 –
今回は某施設の温水ヒーターの更新工事です。
施設屋上の温水ヒーターにおいて、経年劣化により頻繁に発生していた
燃焼トラブルを防ぐため、更新することになりました。

<施工前の外観>

今回の作業では配管施工に時間を要しました。
配管作業は、寸法測定、配管切断、ネジ加工機械による加工、ネジに付着した潤滑油の
洗浄、ネジ部にシールテープの巻き付けというプロセスを経て、ようやく施工となります。

通常はネジ加工用の機器を屋上に運ぶ、もしくは予め屋上に加工菅を運んで作業します。

それを当社では現場作業時間の短縮のために、現場以外で可能な作業は社内で配管を
組み、現場ではプレスを用いて配管を繋ぐ作業をするようにしています。

<施工作業中の様子>

上記のほか、プレス配管作業を実施しています。プレス配管作業を用いることにより、
以前のネジ配管作業より半分以下の時間で配管施工を完了する事が可能です。

またステンレスのSU配管を使用しているので配管の軽量化され、腐食の進行を防ぎます。
これにより給湯にサビ水が発生することが無くなり、快適な利用を実現しました。

<完成後の外観>

熱源機器等の更新を検討されていましたら、ぜひ当社にご相談いただけますと幸いです。