会社概要

会社名
株式会社 加藤工機
代表者名
代表取締役 加藤好孝
本社所在地
〒880-0856 宮崎市日ノ出町47番地
TEL . 0985(26)2314  FAX . 0985(26)4883
延岡支店
〒882-0867 宮崎県延岡市構口町1-75
TEL . 0982(31)4137  FAX . 0982(31)4143
都城営業所
〒885-0005 宮崎県都城市神之山町1993-1
TEL . 0986(36)5314  FAX . 0986(36)5614
資本金
30,000,000円
業務内容
熱源及び風水力、その他業務用設備機器類の販売及びメンテナンス
水処理機器及び水環境計測機器販売並びにメンテナンス
水処理に関連する薬品・工業薬品、劇物・毒物薬品販売
機械器具設置工事業
管工事業
従業員数
31名


沿革

1960年

宮崎市川原町にて加藤バーナー商会(主に燃焼器具の販売)を加藤平治が興す

1965年

セントラルヒーティングの言葉で給湯用温水ボイラーが登場し、ロケットボイラー(現ノーリツ)の代理店として販売を始める

1981年

荏原製作所製の蒸気ボイラーの販売、ポンプ類の販売を始める

1985年

荏原製作所よりボイラー部門が独立し、荏原ボイラ設立と同時に代理店契約を結び、本格的に販売を行う

1986年

県内焼酎ブームが起こり県内焼酎工場に後の販売特化承認となる蒸気ボイラー・焼酎用ポンプを納入する

1988年

オルガノ製品の販売を始める

1989年

酒泉の杜(大規模浴場施設)に浴槽循環用ろ過装置を納入する

1990年

宮崎特産のちりめんの加工機を蒸気ボイラーと共にセット販売を始める

フェニックスシーガイア建設に伴い、ポンプ、送風機、浴槽施設の機器を納入

1995年

宮崎県栽培漁業協会様へ陸上種苗生産施設に海水施設プラント納入

本社を宮崎市川原町より同市稗原町へ移転

1996年

この年度近くから汚水中継用マンホールポンプの受注が多端となる

4月より会社組織を有限会社より株式会社に変更

1997年

宮崎県栽培漁業協会様御用の海水ろ過装置100t/hを複数台受注

延岡市へ営業所開設

2002年

日向市サンパーク浴槽にてレジオネラ症感染が発生直後より感染症予防殺菌洗浄工事が頻発する

2006年

国富町某工場新設に伴い、プラント設備用ポンプ等大量納入

2008年

環境問題において「揮発性有機化合物(VOC)対策」用機器を取り扱う

県内某工場に成績係数が高い高性能チリングユニットを納入

2009年

西米良村・南郷町温泉等に大型エコ給湯器納入

更に高効率チラーを納入し補助金対象の認定を受ける

2010年

消防法改正に伴う介護施設におけるスプリンクラーの設置義務により、設備対応

2011年

都城市へ営業所開設

3月11日 東日本大震災発生

大阪中小企業投資育成(株)が株主として資本参加、増資を行う

2012年

県内某病院へ貯湯量10tのエコ給湯と温水ヒーターを併設したハイブリット給湯設備を納入

温泉施設のろ過システム更新が地域的に始まる

2013年

太陽光設備が全国で本格的に普及し始める

キュービクル型消火栓ポンプ・スプリンクラーポンプの需要が多くなる

県内施設にグルンドフォス製の二酸化塩素製造装置を導入する

2015年

動力機器及び計測機器の受注が増加する

簡易水道事業から上水道事業への統合等、水道事業の整備が加速

2017年

新社屋完成(宮崎市日ノ出町)

2018年

県内某食品工場へ凝集沈殿・圧力式ろ過による生産水製造システム(2500m3/日処理)、
HACCP対応の可変流量水高濃度塩素注入システムを納入

2019年

県内某医療センターへ非常用飲料水用膜ろ過システムを納入

都井岬観光交流会館へ飲料水製造膜ろ過システムを納入

2020年

古河産機システムズの製品特約店とサービス指定工場の資格取得

©  株式会社加藤工機 All Rights Reserved.
PAGE TOP